読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニもの

ドールハウスなどの主に1/12サイズのミニチュアを製作

スタンピングリーフで金文字!箔押しに挑戦

ミニチュアの作り方


スポンサーリンク

スタンピングリーフで金文字!箔押しに挑戦

スタンピングリーフを使用した『箔押し』の方法を…。

↓以前に作った「真鍮製カトラリーギフトセット」のミニチュア。

スタンピングリーフで金文字!箔押しに挑戦

このミニチュアの箱にある文字は、ゴールドになっていますが、実は、スタンピングリーフという製品を使用した箔押し加工です。

今回使うのは、金色のスタンピングリーフ。

とても薄い、金箔のようなシートです。これで、金文字や金の図案ができる原理の説明は、後ほど…。まずは実践してみましょう。

今回の箔押しに、必須のアイテムが、レーザープリンターです。

スタンピングリーフで金文字!箔押しに挑戦

NEC製のカラーレーザープリンター。(箔押し加工は、モノクロのレーザープリンターでも可能です。)

今回は、ミニチュアのメニューブックの表紙を作りましょうか。

スタンピングリーフで金文字!箔押しに挑戦

レーザープリンタで、A4用紙に図案を印刷しました。

私の方法として、A4用紙の半分から下側に、箔押ししたい図案を印刷します。

次に、スタンピングリーフを適度にカットして、図案の上に貼りましょう。(写真のように、金色部分は表側にする。)

スタンピングリーフで金文字!箔押しに挑戦

↑四隅を、マスキングテープで固定しています。

ここでの注意点は、図案の上に、マスキングテープがかからない事と、なるべくスタンピングリーフは、ピンと張った状態を保つことです。

固定が完了すると、図案にかぶさるように紙を閉じ、半分折りにします。(A4用紙の半分から下側に、箔押ししたい図案を印刷する理由は、こうするとスタンピングリーフをはさむのに便利だからです。)

次に、ラミネーターを用意。

スタンピングリーフで金文字!箔押しに挑戦

↑我が家で、10年以上使っているラミネーターです。最近ちょっと、ローラーが劣化傾向に…。

スタンピングリーフの使用方法として、もっともメジャーな方法が、アイロンを使う方法なんですが、ミニチュアの場合、面積が小さい場合が多いので、個人的には、ラミネーターの使用を推奨です。

スタンピングリーフで金文字!箔押しに挑戦

↑2つ折りにして、図案がサンドイッチ状態になっている紙を、充分に温まったラミネーターに通します。

ラミネーターに通す作業を、4~5回ほど繰り返したら、用紙を充分に冷ましましょう。

スタンピングリーフで金文字!箔押しに挑戦

↑サンドイッチ(2つ折り)になった用紙を開いてみました。

うっすらと図案が見えるようだと、成功の可能性が高いです。図案が見えない場合は、スタンピングリーフとの圧着が足りなかったか、ラミネーターの熱が足りなかった可能性があります。

あと、図案とマスキングテープが、かぶらないように…、と先ほど書きましたが、図案の上にマスキングテープがあると、マスキングテープが熱を吸収するので、スタンピングリーフの定着が弱くなるのでご注意を。

スタンピングリーフで金文字!箔押しに挑戦

↑スタンピングリーフを慎重にはがしましょう。

これで、金文字と金の図案である、ミニチュアメニューブックの表紙が完成です。

スタンピングリーフで金文字!箔押しに挑戦

今回は、白い用紙を使いましたが、赤や黒の用紙を使うと、よりゴールドが映えそうな気もします。(金の部分が小さくて、写真で見ると、あまりゴールド感が無い感じですけど、肉眼だと、ちゃんとゴールドに…。)

レーザープリンターは、液体のインクでなく、トナーというプラスチック製の粉を、熱で溶かして、紙に定着させて印刷をするプリンターです。

トナーの上に、スタンピングリーフを載せて、再加熱をすると、そのトナーが熱で溶けて、接着剤の役割を果たします。冷ましてから、スタンピングリーフをはがすと、そのトナーの部分だけに、スタンピングリーフが残るという仕組みです。(この方法を考えついた方は、とても頭が良いですね…。)

スタンピングリーフは、金色のほか、銀色や白色など、バリエーションが豊富にあります。通常の家庭用プリンターだと、金や銀、白といったインクがありません。しかし、これらのスタンピングリーフを利用することによって、表現の幅が広がるかもしれません。

なお、最近は、1万円以下のレーザープリンターも市販されるようになっていますので、プリンター購入を考えていらっしゃる方は、レーザープリンタも選択肢の1つになるのではないでしょうか。

ちなみに、コンビニに置いてある印刷機は、そのほとんどがレーザープリンターだと思われます。普通紙ベースで構わなければ、コンビニで刷った印刷物で、箔押し加工は可能でしょう。