ミニもの

1/12や1/6スケールのミニチュアを製作しています

ミニチュアの作り方一覧はこちら → ミニチュアの作り方

【ミニチュア衣服】フィギュアの服を着色する


スポンサーリンク

今回は、フィギュアの服を着色する方法を模索したいと思います。

 

中古で以下の1/6スケールのアクションフィギュア用の服を入手しました。(画像中央はサイズ比較用の10円玉です。)これを作務衣風にブルーに着色したいと思います。

f:id:mini-mono:20190703200405j:plain

 

布を染める経験は以前もありまして、今まで布を染める場合は、布用の染色スプレーである『染めQ』を使っていました。

f:id:mini-mono:20190703200658j:plain

 

家の在庫にブルーがなかったので、今回は染めQスプレー以外の着色方法を試すことにします。

 

100円ショップのダイソーで購入したアクリル絵の具です。

f:id:mini-mono:20190703200814j:plain

 

染料でなく顔料なので不安はありますが、乾燥すると耐水性のあるアクリル絵の具なので、何とかなるかな…と。(染める衣服は、中性洗剤で手もみ洗いしています。ちなみに洗浄後、脱色させようと塩素系の薬剤も使用したのですが、色は抜けず…。)

 

耐熱ガラスのボウルに水を入れ、電子レンジで40℃くらいのお湯にしました。

f:id:mini-mono:20190703201014j:plain

 

お湯に青のアクリル絵の具を溶かして、フィギュア服をドブ付けにします。

f:id:mini-mono:20190703201305j:plain

 

結論を言えば、この方法は失敗しました。染料を使えば、この方法でも染められると思いますが、顔料系の絵の具では難しそうです。

 

次に試した方法は、服に直接塗る方法。

f:id:mini-mono:20190703201459j:plain

 

絵の具を塗った後に、ドライヤーで乾燥させ、水洗いをした結果が以下です。

f:id:mini-mono:20190703201540j:plain

 

これも失敗ですね。やはり準備しておいた切り札を使うしかないようです。

 

今回の目玉は、ターナー製の布用絵の具。

f:id:mini-mono:20190703201824j:plain

 

裏面。

f:id:mini-mono:20190703201853j:plain

 

説明書き通りに、10~20%ほどの水に溶きながら着色していきます。

f:id:mini-mono:20190703202018j:plain

 

ドライヤーで乾燥後、水洗い後に、また乾燥させた結果が以下です。

f:id:mini-mono:20190703202116j:plain

 

着色前が以下。

f:id:mini-mono:20190703200405j:plain

 

やはり専用品は違いますね。最初から布用の着色剤を使うべきでした。ターナーの布用絵の具は、伝統色など色数も多いので重宝しそうです。

 

【追記】

2度塗りを実施しました。かなり発色が良くなってますね。フィギュアに着せると隠れてしまう部分は手を抜いたのでムラがありますが…。

f:id:mini-mono:20190703214516j:plain

 

個人的には、ターナーの『布えのぐ』を買い揃えたくなりました。お店の暖簾とか作れそうですね。

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ターナー布えのぐ 18色セット
価格:3447円(税込、送料別) (2019/7/3時点)

楽天で購入