読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニもの

ドールハウスなどの主に1/12サイズのミニチュアを製作

【ミニチュアフード】焼き芋の作り方

ミニチュアの作り方


スポンサーリンク

【ミニチュアフード】焼き芋の作り方

焼き芋の作り方。

今回使用した粘土はモデナです。焼き芋の中身となる色に着色した粘土を、前回の梅干し同様に(参照:【ミニチュアフード】梅干しの作り方)、シワシワにしたアルミホイルの上で、焼き芋の形に成形。

コツとしては、丸くした粘土の両端を尖らせるように転がすと、芋のような形状になると思います。

【ミニチュアフード】焼き芋の作り方

粘土の表面が乾いたところで、皮の部分となる色を塗付。手持ちの絵の具で紫系があまりないので、今回は『赤』絵の具をベースに、『青』の絵の具を混ぜ込んで、ベースとなる紫っぽい色を作りました。お好みで、焦げ目の色も付けます。

【ミニチュアフード】焼き芋の作り方

ある程度に乾燥させた後、デザインナイフなどで先端をこそぎ落として、周りにアルミホイルを巻くと完成です。

【ミニチュアフード】焼き芋の作り方

↑画像真ん中は、デザインナイフでなくて、スパチュラを使ってカットを試みたのですが、ちょっと不自然な仕上がりに。今回得た経験を踏まえると、こういった「ちぎった」もしくは「かじった」表現用に、ちょっと刃こぼれしたカッターやデザインナイフがあると便利かも…、と思いました。

ちなみに、粘土用のスパチュラセットは、何千円もするのが多く、なかなかオススメしにくのですが、Amazonで売られているミネシマ社製のセットは、けっこうお買い得なセットですね。