読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニもの

ドールハウスなどの主に1/12サイズのミニチュアを製作

黄変した透明レジンを再透明化する方法

雑記


スポンサーリンク

レジンが黄変する理由とその対策の続き。

前回の記事で、透明樹脂が黄変するのは、空気中の酸素が主原因ではないか?と書きました。いわゆる『酸化』と呼ばれる反応です。

前回が、黄変のメカニズムと、その予防・対策でしたが、今回は、黄変したレジンを元に戻す方法について、実際に行った実験レポートを書きます。

黄変した透明レジンを再透明化する方法

上記は、今から5年前の2011年に作製したエポキシレジンによる作品。

日新レジン社の『クリスタルレジン』という商品名のエポキシレジンを使用しました。製作時は、きれいな透明だったのですが、見事に黄変しています。

ちなみに、あまり太陽光の射さない倉庫内の机の引き出しに収納していました。

さて、中学校の理科の授業を思い出してほしいのですが、酸素を得る反応を『酸化』と呼び、逆に、酸素を失う反応を『還元』と呼びます。(高校の化学では、もう少し複雑なメカニズムを学びますけど、とりあえず酸素のやり取りだけでも憶えて頂ければ…。)

酸素と結びついて酸化した透明レジンが黄変したと仮定すると、その酸素との結びつきを解いて(還元して)しまえば、黄変がなくなるのでは…?と考えました。

では、実験のスタートです。

黄変した透明レジンを再透明化する方法

↑実験前・実験後の成果を比較するため、レジンパーツをコッピングソウテーブルにて分割しました。

刃が汚れていたので、断面の一部が黒くなってしまいましたが、気にせずに進めます。

酸化した物を還元すると考えたときに、使う薬品として、まず連想したのが『過酸化水素水』です。

過酸化水素水は、消毒液のオキシドールとして有名でしょう。薬局で購入できるのですが、もっと手軽に、スーパーマーケットなどで購入できる過酸化水素水があります。

黄変した透明レジンを再透明化する方法

衣類用の漂白剤として知られている『ワイドハイターEXパワー』です。

黄変した透明レジンを再透明化する方法

↑成分を見ると『過酸化水素』とありますね。

今回は、これを還元剤として利用します。

黄変した透明レジンを再透明化する方法

密閉容器を準備し、ワイドハイター(過酸化水素水)をそそぎ、分割した片方のパーツを入れて、きっちりとフタを閉めます。

還元反応を促進させるために、塗装の乾燥専用に使っている食器乾燥機の電源を入れ、容器を投入。

ちなみに、冬場の実験でしたので、食器乾燥機をタオルケットでくるんで、保温性を高めました。(気温が高ければ、タオルケットは不要だと思います。)

2日間ほど、過酸化水素水につけて、取り出した成果が以下です。

黄変した透明レジンを再透明化する方法

完全に、元の透明さを取り戻した訳ではありませんが、過酸化水素水につけなかった左側のパーツと比較すると、黄変が緩和され、透明度が増しています。

冒頭の画像と比較しても、その透明さがわかるかと…。

黄変した透明レジンを再透明化する方法

なお、理論上、酸素と反応した過酸化水素は、水と酸素になりますね。ワイドハイターの場合、他の成分もあるので、完全に水になる訳ではありませんが…。

実は、常温でも試したのですが、やはり温度が必要なようで、まったく黄変が取れませんでした。還元反応を高めるには、気温が高くないとダメなのかもしれません。

温度が上昇しやすい空間と言えば、ぱっと思いつくのは、屋外に駐車した車の中や、保温庫や冷温庫(コンビニでよく見る、缶コーヒーなどを温める機器)などでしょうかね。私の場合、幸い、実験に利用できる食器乾燥機を持っていましたが…。時季も、冬場よりも夏場のほうが、再透明化に適していると言えるでしょうか。

さて、今回の実験でわかったことは、レジンの黄変の原因は、やはり酸素(酸化)も大きな要因ということでしょう。還元反応で、再透明化できたことが、その証左です。

なお、レジン関連の記事は、他にも書いてますので、よろしければ…。

» レジンが黄変する理由とその対策 » エポキシ樹脂の危険性やレジンアレルギーについて » レジンを冷凍冷蔵庫で保管すべきでない理由 » UVレジン液を正しく扱うためのUV(紫外線)の基礎知識 » 100円ショップのUVライトでUVレジン液を硬化させる » UVレジン液での注型も視野に!型取り用の透明シリコーンを比較