読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニもの

ドールハウスなどの主に1/12サイズのミニチュアを製作

小さな円を作るには?「回転式穴あけパンチ」を試す

ミニチュア作りの材料・道具


スポンサーリンク

意外にミニチュア作りには、小さな円が必要になるケースがあります。丸型のクッキーや、カップの底など…。こうした円状のものを作るのに、便利そうな「回転式穴あけパンチ」を試してみました。

結構、大きな器具です。長さは、約20cm強。

小さな円を作るには?「回転式穴あけパンチ」を試す

もともと革のベルト等の穴あけ用の工具で、大きなホームセンター等でも売っているかと思われます。

今回試した製品は、直径2mm・2.5mm・3mm・3.5mm・4mm・4.5mmの6種類の穴を開けることが可能です。

小さな円を作るには?「回転式穴あけパンチ」を試す

ダイアルを開けたい穴の大きさにセットして、ペンチの要領でグッとグリップを握ってプレスすると、穴が開きます。

小さな円を作るには?「回転式穴あけパンチ」を試す

↑画像は、0.14mm厚のプラシートという薄いプラ板を打ち抜いたものです。画像左が最小の2mm径。画像右が最大の4.5mm径です。

プラ板以外では、0.5mm厚くらいの樹脂粘土ハーティクレイを乾燥させた板なら楽に打ち抜けます。あとは、エバーグリーンのプラ板も加工しやすいです。エバーグリーンのプラ材は、粘りがあまりないので、サクっと打ち抜けます。手元にある中では最厚の0.5mm板で試しましたが、問題ありません。(たぶん1mm位の厚さでもいけそうな気が…。)

ちなみに、厚みのある板を打ち抜いて、取り出しにくい時は、下記のように裏から爪楊枝などを使って、押し出して取りましょう。

小さな円を作るには?「回転式穴あけパンチ」を試す

必須のアイテムではないでしょうが、予算的に余裕があれば、持っておいて便利な工具かもしれません。