読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニもの

ドールハウスなどの主に1/12サイズのミニチュアを製作

100円ショップのUVライトを改造する

ミニチュア作りの材料・道具


スポンサーリンク

100円ショップのUVライトを改造する

前回の記事、100円ショップのUVライトでUVレジン液を硬化させるの続きを…。

ペン型のUVライトは、安価で良い製品ですが、ライトの点灯は、電源スイッチを指で押し続けなければいけません。これでは使い勝手は良くないので、改造してみたいと思います。

用意したのは、100円ショップのキャンドゥで購入した『LEDミニスタンドライト』です。

100円ショップのUVライトを改造する

↓裏面。

100円ショップのUVライトを改造する

ダイソーのペンライトと同じく、ボタン電池(1.5V)を3つ使用するタイプなので、電圧的には同じ(4.5V)です。このミニスタンドライトの光源を、ダイソーのペンライトの紫外線LEDに換装したいと思います。(電圧が違うと、少し面倒なのですが、同じというのはありがたいですね。100円ショップのLED製品は、電池2個の3Vで駆動するものも多いので…。)

まずは、ペンライトのLED部分を分解しましょう。

100円ショップのUVライトを改造する

さらに分解。分解には、小型のラジオペンチを使いました。

100円ショップのUVライトを改造する

うーん、やはり足(配線部分)の長さが短い…。ハンダ付け作業は、なるべく避けたかったですが、必須の予感がしてきました。

同じく、ミニスタンドライトも、LED部分を分解。

100円ショップのUVライトを改造する

ここで、1番重要な注意点を。

LEDは、極性(電気の通る方向)があるので、プラスとマイナスの部分を間違えてしまうと点灯しません。(最悪の場合は、LEDが壊れます。)

ですから、どちらがプラス側で、どちらがマイナス側かは、メモしておきましょう。

100円ショップのUVライトを改造する

まぁ、今回のような構造だったら、もし逆に配線してしまっても、入れる電池の向きを変えることで、対応できそうな気もしますけども…。

さて、ミニスタンド側のLEDですが、ニッパーで、足が長い方を切断しました。

100円ショップのUVライトを改造する

紫外線LEDに換装し、火傷などに注意しながら、配線部分をハンダ付けすると、工作はほぼ終わりです。

100円ショップのUVライトを改造する

カバーを付けた状態でも、点灯するか確認しました。(ペンライトも、ミニスタンドライトも、同じ5mm砲弾型のLEDなので、特にその部分では、工作は要りませんが、スイッチ周りで、不具合がないかの確認を…。)

100円ショップのUVライトを改造する

最後に、台座を接続すると、ミニスタンド型UVライトの完成です。

100円ショップのUVライトを改造する

これで、使い勝手が向上するはず…。スイッチを押し続けなくとも、電源オンの状態で、点灯し続けるので。

ちなみに、使ったハンダゴテも、ダイソーで買った20Wのモノです。(確か、値段は税抜きで、400円ほど…。)

ハンダだけは、高いモノを使用しました。(100グラム換算で、数千円するので、地味ながら、今回の工作で、1番の高級品?)

100円ショップのハンダを使う場合は、少量をカッターで切り出すなどして、あまりハンダを載せ過ぎないように、工夫する方が良いかもしれません。(ハンダを載せ過ぎて、ふくらんでしまうと、カバーに収納できなくなる可能性もあります。)