読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニもの

ドールハウスなどの主に1/12サイズのミニチュアを製作

開封した樹脂粘土の保管方法

ミニチュア作りの材料・道具


スポンサーリンク

樹脂粘土の保管方法

樹脂粘土の保管方法について。

開封した粘土の保存・保管方法を解説したいと思います。個人的な保管方法ですので、一例として参考にして頂ければ幸いです。

以下の、100円ショップのダイソーで購入できる樹脂粘土を保管したいと思います。

樹脂粘土の保管方法

さて、少し話題を変えて、樹脂粘土がかたまる仕組みを解説しましょう。

樹脂粘土の保管方法

一般的な粘土がかたまる仕組みとしては、粘土に含まれる水分が、乾燥によって蒸発(揮発)し、硬化するという流れです。(蒸発した水分量に比例して、硬化後の粘土は収縮します。乾燥前と比較して、だいたい5~10%くらい縮むでしょうか。)

つまり、適度な湿度を保つことができれば、粘土がかたまることはありません。樹脂粘土を長く使える状態にキープするには、保湿が大事ということですね。

粘土の保管で活躍するのは、以下の商品。

樹脂粘土の保管方法

食品用の保存容器と、食品用の保存袋です。(いわゆる「タッパー」と「ジップロック」なのですが、両方とも登録商標なので、この記事では「保存容器」と「保存袋」と呼びます。)

この2つの商品は、100均でも購入可能ですね。

樹脂粘土の保管方法

↑保存容器の底に、キッチンペーパーを敷きます。

樹脂粘土の保管方法

↑そのキッチンペーパーに、キッチン用のアルコール除菌スプレーを塗布し、適度に湿らせましょう。

あまり濡らしすぎて、湿度が高くなりすぎると、粘土が液状化してしまうので、ウェットティッシュよりも、少し乾いた感じがベストかもしれません。(その辺りは、微調整ください。)

樹脂粘土の保管方法

↑開封済みの粘土は、食品用の保存袋で密閉します。

樹脂粘土の保管方法

↑密閉した袋を容器に投入。

樹脂粘土の保管方法

容器も密閉すると、保管完了です。

キッチンペーパーを湿らすのは、最初は普通に水を使っていました。しかし、時間の経過と共に、黒カビが発生しましたので、除菌アルコールに変更しています。(アルコールに切り替えてからは、カビの発生はなし。)

本当は、薬局で買える「無水エタノール」を使いたいのですが、値段が高いので、キッチン用のアルコールを使用中です。食品にかかっても安全なアルコールなので、安心感もあります。

また、湿らせたペーパーは、乾燥してきますので、その都度、また湿らすか、定期的にペーパーごと取り替えると、より衛生的でしょうか。

ウェットティッシュでなく、わざわざキッチンペーパーを使うのは、ウェットティッシュだと毛羽立つので、粘土にホコリが混入する確率が上がるからです。(キッチンペーパーでなく、キムワイプなどのペーパーウエスでも可。)

さらに工夫としては…。

樹脂粘土の保管方法

保存袋に入れる前に、開封済みの粘土を、目玉クリップや、袋止めクリップではさんでおくと、保存状態は良くなりそうです。

また、以下のように、容器内に仕切りを入れると、粘土の整理整頓が進み、扱いやすくなるでしょう。

樹脂粘土の保管方法

この仕切りも、100円ショップでの購入です。

最後に、粘土の保存とは無関係ですが、以下のようなプラスチックスプーンも、1本ずつ袋に入れておくと、粘土が取りやすくなります。

樹脂粘土の保管方法

指で粘土をかき出すと、爪に粘土が付着したり、粘土にホコリが付きやすくなるので…。スプーンで粘土をすくうと、こういった心配がなくなります。