読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニもの

ドールハウスなどの主に1/12サイズのミニチュアを製作

ミニチュアの作り方一覧はこちら → ミニチュアの作り方

初心者でも簡単にできるヒートプレスの方法

以下のstudio TOFUさんのブログ記事を読み、呼ばれたような気がしましたので…勝手ながら…。

 

tofu56.info

 

個人的な見解ですが、入門者・初心者でも比較的に簡単にできるヒートプレスのやり方・方法の解説です。

 

目次

 

ヒートプレスとは?

 

1980年代のコミックボンボン誌で、プラモ狂四郎やヒゲのプラモ怪人さんのSFプラモマガジンを愛読されていた方なら、ヒートプレスは必修の技法だったと思います。

 

ヒートプレスとは、模型工作の世界では、樹脂版を熱して(ヒート)軟化させ、型に押し付けて(プレス)加工する技法のことです。

 

必ず透明な0.3mmの塩化ビニール板を使うこと

 

初心者がヒートプレスを成功させるコツは、透明な薄い塩化ビニール樹脂(PVC)の板を使うことでしょう。

 

薄い塩ビ板については、姉妹ブログでも記事にしています。

 

mini-mono.hatenablog.com

できれば、0.3mmくらいの塩ビ板が理想です。100円ショップで売っている下敷きなどは、塩ビ製が多いですね。(最近は、塩ビでなく再生PET樹脂も多いようですが…。)しかし、下敷きの厚みは約0.7mmほどで、初心者のヒートプレスには向きません。

 

透明な薄い塩ビ板を推奨する理由としては…

 

  1. 塩ビは比較的低温(50℃くらい)で変形しやすい
  2. 透明だと型が隠れないので加工しやすい
  3. 薄いと熱を通しやすい
  4. 薄いと型取りして形状を出しやすい

 

以上、4つのメリットがあげられるでしょうか。

 

ちなみに、100均などにて薄い塩ビ(PVC)板を探す場合は、クレジットカードやキャッシュカードが役に立ちます。キャッシュカードなどは、規格により厚みが、0.76mmと決まっていますので、キャッシュカードと厚みを比較して、同じようであれば0.7~0.8mmくらい。カードよりも少し厚ければ約1mm。カードの半分くらいであれば、厚さは0.3~0.4mmくらいと目安にできます。

 

 

PET板はNG

 

PETボトルの素材として有名なPET(ポリエチレンテレフタラート)も、透明な樹脂素材として広く使われていますね。私も、2段階で加熱工作する場合は、PET板でヒートプレスを行いますが、基本的には塩ビ板しか使いません。

 

PET樹脂は、耐熱温度が高いので、熱加工しにくいですし、(A-PET素材の)PET板は、加熱すると白濁・白化するので、透明物の工作は難しいでしょう。(PET-Gの樹脂板が入手できる方は、白濁の心配は要らないでしょうが…。)

 

型はテーパー状にする

 

これはヒートプレスに限りませんが、型はテーパー状にしてください。テーパーについての説明は、以下の姉妹ブログに…。

 

mini-mono.hatenablog.com

 

また、最初は簡単な形状で、厚みの薄い物からヒートプレスするとよいでしょうか。厚みのある物は、難易度があがるので…。

 

型は画用紙で作る

 

ミニチュアフードがメインのブログなので、透明な丸い食器・容器を作りましょうか。

 

f:id:mini-mono:20170303155202j:plain

 

ダイソーで買ったA4サイズ20枚入りの画用紙1枚を取り出し、コンパスカッターで、任意の大きさの円形をくり抜きます。

 

 くり抜いた円形を重ねて、3段階状の型(オス型)を作りました。

 

f:id:mini-mono:20170303155824j:plain

 

横から見ると、以下のような構造です。

 

f:id:mini-mono:20170303155850p:plain

 

計9枚の画用紙を重ねています。ちなみに、接着は木工ボンドを使いました。

 

できあがった皿の型を、粘土状シリコーンで型取りしましょう。

 

f:id:mini-mono:20170303160103j:plain

 

 なぜ、画用紙を使うかと言いますと、工作が簡単なことと、意外に熱に耐えてくれる素材なので。

 

 作業は木製かMDF製の板の上で

 

私がヒートプレスを行うテーブルは、天然木のテーブルです。天板が、ガラス製のテーブルや、木目調の塩ビシートが貼ってあるテーブルなどでは、この方法のヒートプレスは避けてください。加熱により、ガラスが割れたり、塩ビシートがはがれたりする危険性があります。

 

今回は、テーブルに網目状のゴムマットを敷き、その上にMDF材の板を載せて作業しました。MDF製の板でなく、「まな板」でもOKです。まな板もMDF板も、100均で売っていますね。

 

f:id:mini-mono:20170303161007j:plain

 

MDF板の中央に、皿の型を置きましょう。

 

f:id:mini-mono:20170303161039j:plain

 

その上に、透明な塩ビ板を置き、塩ビ板の四隅をマスキングテープで固定します。(慣れてくると、対角線の2か所だけの固定でもOK。)

 

使うマスキングテープは、スリーエム社(もしくはタミヤ社)製が最良です。

 

加熱にはエンボスヒーターを使う

 

今回のヒートプレス法の最大のキモは、「エンボスヒーター」を使うこと!

 

f:id:mini-mono:20170303161354j:plain

 

ドライヤーのような形ですが、200度を超える熱風を出す機械です。

 

もともとは、エンボスアート用の加熱装置(ヒートツール)ですが、硬化前のレジンの気泡を(加熱によって)消したり、熱で縮むプラバン工作にも活用できたりしますので、買って損のない工作ツールの1つでしょう。

 

予算がある方は、温度調整機能付きのエンボスヒーターもよいと思いますが、ヒートプレス用なら、200~250℃の熱風が出る機種なら、何でもOKです。

 

ちなみに、もっと高熱を発するヒートガンというツールもありますが、ミニチュア工作で使う機会は少ないでしょう。

 

加熱時には換気やマスクは必須

 

火であぶるよりも、エンボスヒーターを使うほうが、より安全性が高いと思いますが、プラスチック類は熱すると有毒なガスが発生しますので、周囲の状況や換気にご注意ください。マスクやゴーグルなども着用されたほうがよいでしょう。やけど防止には、皮手袋かゴム手袋の着用もおすすめします。

 

加熱のコツは…?

 

さて、固定した塩ビ板を、エンボスヒーターの熱風で加熱しましょう。

 

 

カメラ撮影のため、斜めに傾いていますが、実際は、真上から垂直に熱風をあてます。

 

加熱に関して、初心者は、どうしても中心を加熱しがちです。

 

以下の図は、黄緑部分が塩ビ板で、赤い部分が加熱部分。

 

f:id:mini-mono:20170303162325p:plain

 

こういった加熱の仕方も、ヒートプレスが失敗しやすい原因の1つでしょうか。

 

f:id:mini-mono:20170303162450p:plain

 

中心だけでなく、周囲も加熱させる意識をもって、塩ビ板全体に熱が通るようにしましょう。

 

加熱の加減は、いろいろと試してみてください。加熱不足も失敗の主原因です。

 

エンボスヒーターであれば、塩ビ板を必要以上に加熱し過ぎないので、かなり初心者向きでしょう。焦がす心配もありませんし、やり直しも簡単です。

 

加熱後はすぐにプレス!

 

さて、加熱が完了したら、すばやくシリコーン型(メス型)を押し付けて、プレスします。

 

f:id:mini-mono:20170303163332j:plain

 

透明な樹脂版であれば、この作業は比較的に楽なはずです。 しばらく押し付けたら、樹脂版が冷えてくるので、シリコーン型をはずします。

 

f:id:mini-mono:20170303163538j:plain

 

これで、ヒートプレスは完了です。お疲れさまでした!

 

最後に…

 

最終的に、やすり等で整形すると、お皿や容器の完成です。

 

f:id:mini-mono:20170303163723j:plain

 

ちなみに、こういった段階の形状にした理由としては、外周部分の整形場所によって、ワンサイズ下の皿がつくりやすいというのも、理由の1つ。

 

f:id:mini-mono:20170303163910p:plain

 

図解すると、赤線部分で整形すると大きな皿が、青線部分で整形すると小さな皿ができあがります。1つの型(オス型)で、こういったバリエーションも持たせることが可能です。

 

詳しい方法は省きますが、型とエンボスヒーターの使い方によっては、最初から円形にくり抜いた塩ビ板を、丸い皿に加工することもできます。円形にやする作業が苦手な方は、ぜひこの方法を考えて、挑戦されてください。

 

【ミニチュアフード】パッケージの作り方・デザインの方法

今回は、あまり参考にならないかもしれませんが、個人的なパッケージデザインの方法を披露しようと思います。

 

以下のYahoo!知恵袋を読んだ事がきっかけです。

 

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

ミニチュアフードのパッケージ作りに興味があり作ってみたいのですが
(ポテチの袋とかカップラーメンのラベルとか)
サイトで見つけたものはそのまま使うと著作権に触れるようですし・・・
オリジナルの作り方をご存知
の方教えていただけないでしょうか
宜しくお願いいたします。

 

正直、カップラーメンの側面のラベル作りは、かなり難度が高いので、今回は、ポテチの袋を作ってみようと思います。

 

メモ紙などに、簡単な設計図を書いておくと、パッケージ作りの手助けになるでしょう。私の場合、接着や組み立てをイメージしながら、全体図を描きます。

 

実物のお菓子のパッケージなどを、スキャナーでスキャンし、縮小印刷するという方法もあるらしいのですが、実践したことは1度もありません。

 

なぜならば、実物のパッケージで接着部分(のりしろ)が1cmの場合、1/12スケールで作るとなると、1mm以下の幅になります。これでは、工作も難しいですし、強度も心配です。ですから、接着や組み立てを考慮したデザインを考えて作成しています。

 

私が主に使うソフトは、『Fireworks(ファイアワークス)』という画像編集ソフトです。本来は、印刷物のデザインには向かないソフトなのですが、1番使い慣れた画像編集ソフトなので…。

 

f:id:mini-mono:20170211170546j:plain

 

幅3.4cm、高さ2cmのカンバスを設定します。解像度は、邪道なのですが「150ピクセル/センチ」に設定。この設定だと、15ピクセルで1mmとなるので、計算がとても楽になります。ppi(ピクセル/インチ)換算だと、約350ppiです。

 

f:id:mini-mono:20170211170844j:plain

 

レイヤーに名前を付けて、幅510ピクセル・高さ300ピクセルの長方形を描きます。

 

f:id:mini-mono:20170211170958j:plain

 

別レイヤーを作成し、接着部分(のりしろ)を作成。2mmくらいの接着幅がほしいので、25ピクセル~30ピクセルくらいの長方形を描きました。

 

なお、レイヤーを複数作る場合、編集するレイヤー以外のレイヤーは、編集不可となるようにロックしておきましょう。

 

f:id:mini-mono:20170211171234j:plain

 

パッケージラベルの顔の部分、表側のデザインをしていきます。こういったパッケージの場合、幅は少し広めにスペースを確保しておきましょう。ちなみに、この部分(画像中央の黄色の部分)の大きさは、230×240ピクセルです。

 

ポテトチップスの画像がほしいので、海外のサービスなのですが、無料で利用できるフリー写真の数が豊富な『Freeimages』(旧stock.xchng)から、ポテトチップスの写真をダウンロードしました。(※利用には会員登録必須)

 

http://jp.freeimages.com/photo/potato-chips-1498053

 

検索窓に『potato chips』、無料のカテゴリ写真の1番最初に出てきた画像です。この画像を加工して、パッケージデザインに合わせます。

 

f:id:mini-mono:20170211171931j:plain

 

コツとしては、そのままの写真では暗いので、わりと明るめに編集することと、不透明度を下げて、すこし薄めの写真にすることでしょうか。濃い写真だと、その写真が浮いた感じになってしまうので…。

 

f:id:mini-mono:20170211172142j:plain

 

いよいよ文字入れをしましょう。文字入れ用のレイヤーを作ります。

 

f:id:mini-mono:20170211172746j:plain

 

今回採用した書体(フォント)は、有料フォントの『平成ゴシック体』です。

 

こういったデザインの場合、フォントの太さ(ウエイト)が数種類あるフォントが重宝します。私の持っている平成ゴシック体は、W3、W5、W7、W9という4種類の太さがあるので便利です。このフォントは、以下の製品に入っています。

 

 

f:id:mini-mono:20170211173258j:plain

 

タイトルの文字の周囲を縁取り…。

 

f:id:mini-mono:20170211173351j:plain

 

さらに縁取ると、ミニチュアのように小さくても可読性が上がります。この段階で少し文字の位置などを微調整しました。

 

f:id:mini-mono:20170211173515j:plain

 

同様に、他のテキストも追加しましょう。

 

f:id:mini-mono:20170211173559j:plain

 

ある程度、パッケージデザインが固まったら、各部分の色を統一したりと修正します。接着部分などは、必要最低限、組み立てや接着時に目安となるガイドがあれば大丈夫なので、色塗り部分を省略したりして、印刷のインク代の節約をしましょう。

 

f:id:mini-mono:20170211173949j:plain

 

このままだと、すこし寂しいので、イラストを追加することにします。何か、かわいい動物みたいなキャラクターのイラストなんかも面白いのですが、キャラ絵を描くのは面倒なので、ポテトチップスのイラストを描きましょうか。

 

手書きっぽい、いびつな楕円形を追加しました。

 

f:id:mini-mono:20170211174224j:plain

 

ポテトチップスっぽい色を塗って、Fireworks標準のテクスチャ(質感)である『オイル』を50%適用すると、簡単にポテトチップスっぽい質感になりますね。これで、表のデザインは終了です。

 

f:id:mini-mono:20170211174359j:plain

 

あとは、バーコードやQRコードなどを配置したりすると完成。この辺は、表側からは見えない部分なので、省略してもOKでしょう。ただ、この部分を作り込むと、ぐっと本物っぽくなります。

 

バーコードやQRコードの作り方などは、また後日に解説する予定です。

 

バーコード作成法は下記に。

 

mini-mono.hatenablog.com