読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニもの

ドールハウスなどの主に1/12サイズのミニチュアを製作

【ミニチュアフード】透明パッケージ物の作り方

ミニチュアの作り方

f:id:mini-mono:20161103165648j:plain

 

ミニチュアの透明パッケージ印刷物の作り方。

 

ミニチュアの透明パッケージ物の作り方は、いくつかあると思いますが、今回は比較的コストが安い方法を紹介します。

 

f:id:mini-mono:20161103165649j:plain

 

印刷できる透明ラベルや透明フィルムをいくつか試してみました。印刷の難易度やラベルの厚み、コストパフォーマンスなどを考えると、以下の透明ラベルが総合的に1番です。

 

 

私は量を使うので、いつも30枚入りを買っていますが、通常は10枚入りで充分でしょう。少量しか使わない場合は、はがきサイズも選択肢になると思います。

 

ちなみに、この透明ラベルの厚みは、透明シール部分で0.07mmと薄いです。このラベルを使って、1/6スケールの袋入りカット野菜を作りましょう。

 

なお、今回は、以下の製作法を参考にしています。

 

www.tinami.com

 

まずは、透明ラベルに印刷しましょう。

 

f:id:mini-mono:20161103165651j:plain

 

この記事のパッケージデザインと少し異なりますが、印刷データは、以下で配布中です。

 

» 【ミニチュア素材】カット野菜(千切りキャベツ)パッケージ - ミニものブログ

 

このエーワン社の透明ラベルですが、染料インクのインクジェットプリンタのみ利用できます。エプソンで言えば、EPシリーズの機種ですね。(PXシリーズは、顔料インクモデルなので不可。)

 

プリンターの機種によっては、カラーインクは染料インクでも、黒インクは顔料というパターンもあるので、ご注意を…。

 

f:id:mini-mono:20161103165652j:plain

 

この印刷物の上から、透明のOPPテープ(ポリプロピレン製のテープ)を貼りつけましょう。梱包用のテープが幅広で使いやすいと思います。テープにより、透明度が違うので、なるべくなら透明度の高いOPPテープがお薦めでしょうか。

 

f:id:mini-mono:20161103165654j:plain

 

なぜ、上からOPPテープを貼るのかというと、印刷面の保護のためです。染料インクは水に弱いので、湿った手で触ったりすると、インクが滲みます。

 

上記の画像は、印刷面にウェットティッシュで拭いた直後の画像です。滲み防止のためにも、透明なOPPテープを貼って保護しておきましょう。

 

f:id:mini-mono:20161103165656j:plain

 

次に、食品用のラップを用意。

 

f:id:mini-mono:20161103165657j:plain

 

台紙から透明ラベルをはがし、シワにならないように注意しながら、食品用ラップの上に、印刷した透明ラベルを貼りつけましょう。

 

f:id:mini-mono:20161103165658j:plain

 

なお、使用する食品用ラップの素材は、『ポリ塩化ビニリデン』か『ポリ塩化ビニール樹脂』製の製品に限ります。『ポリエチレン』や『ポリプロピレン』素材のラップはNGです。『ポリエチレン』や『ポリプロピレン』は、難塗装素材なので…。

 

f:id:mini-mono:20161103165700j:plain

 

次に、白いマーカーを用意しましょう。1番適しているのは、不透明な水性顔料のマーカーで、筆記幅の小さいマーカです。(幅が小さいと、筆先が細かくコントロールできるので。)

 

今回は、三菱鉛筆のポスカ(白・極細)を使用しました。

 

 

f:id:mini-mono:20161103165702j:plain

 

白のマーカーで、パッケージ裏面(食品ラップ面)から、パッケージ印刷部分を塗ります。

 

f:id:mini-mono:20161103165705j:plain

 

段階的に塗っていくと仕上がりがキレイになるでしょうか。

 

なぜ、水性のマーカーを使うかというと、食品用のラップには、柔軟剤や安定剤などの可塑剤が添加されていることが多いので、油性マーカーだと、その添加物と反応する可能性があります。

 

近年、ポリ塩化ビニリデン製の食品用ラップに書けるペンなどが販売されていますが、これらも水性なので、やはり油性ペンなどは避けた方が無難かもしれません。(油性のほうが塗膜は強いのですが…。)

 

 

f:id:mini-mono:20161103165706j:plain

 

次に、封入のためにシーラーを用意。私が使用しているのは、テクノインパルス社のアールパックシーラーというクリップ型の機種ですが、現在廃番で、以下の後継機種があるようです。

 

 

f:id:mini-mono:20161103165708j:plain

 

クリップ部分で袋をはさみ、熱圧着をする機械なのですが、上記画像の黒っぽい筋部分が熱源。

 

f:id:mini-mono:20161103165709j:plain

 

この熱源に沿って、パッケージの折り畳み部分を重ねて、熱圧着します。なお、写真では、パッケージ両端にマスキングテープを貼って固定していますが、これは写真撮影用の固定なので、実際は使用しないでください。熱圧着後は、余分な部分はカットして整形しておきましょう。

 

f:id:mini-mono:20161103165711j:plain

 

画像が別の袋になっていますが、上記のようにパッケージ上部も熱圧着して整形し、パッケージ下部だけが開いている状態にして、待機しておきます。

 

f:id:mini-mono:20161103165712j:plain

 

次に、パッケージの中身を製作。ダイソーで購入した白い樹脂粘土に、ごく少量の黄緑の絵の具をよく混ぜて、うすく伸ばしましょう。

 

f:id:mini-mono:20161103165714j:plain

 

乾燥後、カッターで薄くスライスします。

 

f:id:mini-mono:20161103165715j:plain

 

完全乾燥させるよりかは、少し柔らかめのほうが、曲げたりしやすいので、キャベツの表情がつけやすいかもしれません。

 

この千切りキャベツをパッケージ下部から入れて、その下部をシーラーで熱圧着させ、余分な部分をカットすると完成です。

 

f:id:mini-mono:20161103165648j:plain

【ミニチュア小物】インベーダーゲーム台の作り方

ミニチュアの作り方

f:id:mini-mono:20161016225106j:plain

 

インベーダーゲームの筐体の作り方。

 

今回は、前回の記事の応用です。

 

www.mini-mono.net

 

前回は、スマートフォンの画面を、液晶テレビの画面に見立てて、ミニチュアの液晶テレビを製作しました。今回も、スマホを利用して、インベーダーゲームのゲームテーブルを製作します。

 

ループ再生されるアニメーションGIFにて、インベーダーゲーム画面の素材を作りました。

 

f:id:mini-mono:20161016225155g:plain

 

サイズは、360×360ピクセルです。この画像をスマートフォンに入れて、表示をさせましょう。

 

f:id:mini-mono:20161016225109j:plain

 

表示の具合を見ながら、前回のテレビと同じく、スマホを採寸します。

 

f:id:mini-mono:20161016225113j:plain

 

採寸結果をもとに、プラ板やプラ材を駆使して、テーブルを組みましょう。

 

f:id:mini-mono:20161016225115j:plain

 

今回は、プラ板やプラ材だけでなく、色画用紙や厚紙も利用しています。

 

f:id:mini-mono:20161016225116j:plain

 

ガラス天板部分は、透明プラ板を切り出しました。なお、テーブルの脚もプラ板とプラ材を使っています。

 

f:id:mini-mono:20161016225104j:plain

 

スマートフォンをセットして、パーツを組み立てると完成です。

 

ちなみに、以下のパーツは、プリンターで印刷しました。

 

ゲームの遊び方。

f:id:mini-mono:20161016225107p:plain

 

コントロールパネル。

f:id:mini-mono:20161016225110p:plain

 

コントロールパネルなどは、プラ板やプラ材を組んで、立体的に作ると、もっとリアルになるかと思いますが…。