読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニもの

ドールハウスなどの主に1/12サイズのミニチュアを製作

ミニチュアの作り方一覧はこちら → ミニチュアの作り方

やすりがけ不要でミニチュア丸皿を作るヒートプレスの方法

 

前回、ミニもの流ヒートプレス術を紹介しました。

 

www.mini-mono.net

 

今回は、この方法の応用編です。

 

ブログ記事やSNSなどを見ると、ヒートプレスした後で、やすりがけ作業が面倒であるとか、苦手だという意見をみかけました。

 

今回は、やすりがけ不要で、ミニチュアの丸皿を作る方法を紹介します。

 

まず、サークルカッターで画用紙を丸く切りましょう。

 

f:id:mini-mono:20170422232844j:plain

 

今回は、直径25mmの円と、直径21mmの円を作りました。

 

f:id:mini-mono:20170422232941j:plain

 

その大きな円3枚と、小さな円3枚を重ねて(計6枚)、木工ボンドで接着します。これは本来は『雄型』と呼ぶのですが、『型A』と呼びましょう。

 

次に、直径25mmと直径21mmよりも少し大きめの円を切り抜きます。

 

f:id:mini-mono:20170422233433j:plain

 

切り抜いた円でなくて、切り抜いた後の画用紙を使いましょう。

 

f:id:mini-mono:20170422233657j:plain

 

切り抜いた穴を合わせて、木工ボンドで接着します。小さな穴の方を4枚重ねて接着。大きな穴の方を4枚重ねて接着し、その2つを合体して『雌型』を作りました。これは『型B』とします。

 

型が白いので、塩ビ板は黒を使いましょうか。

 

f:id:mini-mono:20170422234058j:plain

 

0.3mm厚の黒い塩ビ板を直径25mmに切り抜きました。

 

f:id:mini-mono:20170422234328j:plain

 

ちなみに、マスキングテープを重ね貼りしているのは、カッターの針で塩ビ板に穴が開くのをふせぐためです。

 

ヒートプレス前に、押さえとなるアイテムを用意します。

 

f:id:mini-mono:20170422234502j:plain

 

今回は、半透明なプラスチックケースを用意しました。アルミ製の名刺入れなどでも構いません。

 

f:id:mini-mono:20170422234604j:plain

 

型Aと型Bを用意。

 

f:id:mini-mono:20170422234635j:plain

 

型Bに、プレスする塩ビ板をセットします。

 

f:id:mini-mono:20170422234714j:plain

 

エンボスヒーターで、塩ビ板を加熱しましょう。

 

f:id:mini-mono:20170422234746j:plain

 

十分に加熱した後で、型Aをセットします。

 

f:id:mini-mono:20170422234815j:plain

 

その上から、プラスチックケースで押さえつけます。塩ビ板が熱いうちに作業してください。(ちなみに、型Aと型Bは、天地逆で作業されても構いません。)

 

f:id:mini-mono:20170422235006j:plain

 

塩ビ板が冷えると完成です。

 

つや消しの黒い塩ビ板なので、ちょっと微妙な感じの皿ですが、白い塩ビ板だと食器として見映えがよいでしょう。この方法は、慣れてくると、やすりがけが不要なので、丸皿が量産できると思います。

 

本来の使い方とは違うのですが、皮ポンチを使うと、塩ビ板を丸くカットするのが楽かもしれません。

 

 

 

絵の具の乾燥を防ぐ『ウエットパレット』の作り方

水溶性のアクリル絵の具は、乾燥が速いのがメリットではありますが、まだ色を塗っている途中で、パレットに出していた絵の具が固まってしまうことがあり、乾燥の速さがデメリットになるケースもありますね。

 

パレット上の塗料の乾燥を防ぐ方法としては、『ウエットパレット』という手法があります。(『ウォーターパレット』と呼ぶ方もいらっしゃいますが、ここでは『ウエットパレット』と呼ぶことに…。)

 

100円ショップで以下の2つを買いました。

 

f:id:mini-mono:20170326183330j:plain

 

クッキングシートとスポンジケースです。この2つを使って、ウエットパレットを作りましょう。

 

f:id:mini-mono:20170326183425j:plain

 

スポンジケースに、適度な水を入れます。

 

f:id:mini-mono:20170326183449j:plain

 

クッキングシートを、サークルカッターで直径5cmほどの円にカット。

 

f:id:mini-mono:20170326183544j:plain

 

カットした紙を、水を含ませたスポンジの上に置きます。

 

f:id:mini-mono:20170326183619j:plain

 

その紙をパレットにして、絵の具を使いましょう。これでウエットパレットの完成です。

 

f:id:mini-mono:20170326183725j:plain

 

塗装をしないときは、フタを閉めます。これで数時間は、絵の具の鮮度を保つことができ、軽量コンパクトなパレットなので、作業の邪魔にならないように移動も簡単です。

 

クッキングペーパーがずれやすいので、実際の使用にはコツと慣れも必要ですが、塗料の乾燥を防ぐことに重点があるのならば、このウエットパレットは、とても有用だと思います。

 

以下に、注意点を2つ。

 

f:id:mini-mono:20170326184047j:plain

 

クッキングペーパーは、シリコンコーティングを選んでください。

 

シリコンコーティングされていない場合、水に濡れて筆をあてると毛羽立ちます。

 

もう1つの注意点は、スポンジケース選びです。100均の商品なので、個体差が大きく、以下のような商品は、パレットに不向きかもしれません。

 

f:id:mini-mono:20170326184331p:plain

 

ケースを横から見て、フタとスポンジが密着していたり、距離が短い製品は、避けたほうがよいでしょう。

 

f:id:mini-mono:20170326184439p:plain

 

フタとスポンジ間に、適度な距離があればOKです。

 

また、ウェットパレットは、水溶性塗料に使用してください。

 

f:id:mini-mono:20170326184553j:plain

 

水性カラーでも、溶剤を使っているプラモデル用の塗料は、避けたほうがよいかもしれません。(タミヤのビン入りのアクリル塗料や、クレオスの水性ホビーカラーなど。)

 

油彩の絵の具や、タミヤのエナメル塗料、ハンブロールの塗料などは油性なので、このウェットパレットは使わないようにご注意ください。

 

また、水を長時間含ませておくと、カビが発生したりと不衛生なので、定期的に水を取り替えたり、スポンジの洗浄をしておきましょう。ウエットパレットを使わない場合は、パレットの水を抜いて、乾燥状態にて保管してください。